2015年7月19日日曜日

平野弥 新着直輸入ワインの試飲会 2/3


Jean Fournier Bourgogne Aligote Champ Forey VV 2013(4100)
(ジャン・フルニエ ブルゴーニュ・アリゴテ シャン・フォレ ヴィエイユ・ヴィーニュ)
ドーヴネを思わせる香り。栗や少し燻ったハムなどが香る。味わいはやさしく、ハムの風味がある。香り、味ともにハムなどの要素が前面に出ており、数ヶ月おいておくとおいしくなりそう。


Jean Fournier Bourgogne Blanc "S・・?" 2013
(ジャン・フルニエ ブルゴーニュ・ブラン "S クエスチョン")
上品な栗、熟成香、ミネラルの平坦な平面があり、そこから水に溶かした果実のようなやさしい甘さが香る。スワリングで蜜、奥に菩提樹の花が香る。味わいは軽く、舌には甘味がやさしく、旨味もあり、バランスがいい。


Jean Fournier Bourgogne Blanc ≪Ç≫ 2013
(ジャン・フルニエ ブルゴーニュ・ブラン ≪Ç セディーユ≫)
ミネラル、ミントがふぁぁっとホップするようにあがる。味わいはすっきり、旨味が強く、グーっと出てくる。


Jean Fournier Marsannay Rose 2013(4100)
(ジャン・フルニエ マルサネ・ロゼ)
小豆、アンコが香る。スワリングで目が沁みるぐらいすっきりした柑橘があがってくる。口に含むと状態がよいときの舌にのらない感覚があり、中域でやさしくやわらかく旨味が自然にある。バランスがいい。ロゼは混ぜた合わせた味わいに違和感を感じる場合がほとんどだがこのワインはとてもバランスがよくておいしく飲める。


Jean Fournier Marsannay Rouge Les Echezots 2013(6100)
(ジャン・フルニエ マルサネ ルージュ レ・ゼシェゾ)
やさしい甘い果実がきれいに香る。少しするとバンバンと奥から香りが訴えてくる。すっきりした舌触りで旨味、花、果実がきれに融合する。花や果実がそれぞれ波のように伝播し、その波が重なり合って一体感を醸し出す。世界観のあるワイン。


Jean Fournier Marsannay Blanc Les Longeroies 2013
(ジャン・フルニエ マルサネ ブラン レ・ロンジェロワ)
ミネラルに品があり、きれいで質がいい。香りがすごく湧き出してくる。味わいはミネラルの広い平面からその平面が上昇するかのようにパーっとあがってくる。


Jean Fournier Marsannay Rouge Les Longeroies 2013
(ジャン・フルニエ マルサネ ルージュ レ・ロンジェロワ)
白と同じスタイル。平面の広さや湧き出る雰囲気は同じ。それに赤は果実のキュートさ、少しの獣臭が加わる。味わいはきれいでキュート、自然な味わい。


Jean Fournier Marsannay Blanc Cuvee Saint Urbain 2013(5000)
(ジャン・フルニエ マルサネ・ブラン "キュベ・サン・チュルバン″)
きれいなバランス。美しく、きれいで透き通った甘さ。和三盆を思わせる。おしろいもある。舌に旨味あるがすっきりして、旨味は奥にふわんと浮かぶようにやわらかい核となってあり、そこから訴えてくる。


Jean Fournier Marsannay Rouge Cuvee Saint Urbain 2013(5000)
(ジャン・フルニエ マルサネ・ルージュ キュベ・サン・チュルバン)
バニラアイスのようなクリーミーさ、塩、海老などがあり、バランスがいい香り。グーンっと90度に近い角度の放物線を描いて香りが急激に上昇し、その香りにはエロティックさもある。その輪郭はステンレスのようなマット調で手を付くと冷ややかな硬質なもので包まれている。旨味が穏やかにあるかと思うと、キューっと酸が少しだけホップしながら伸びていく。おいしい。

ここから食事もしながら試飲する








後半はジャン・フルニエの上級キュヴェ、その3に続く。 その1はこちら

0 件のコメント: