2015年1月25日日曜日

平野弥ワイン倶楽部試飲会 3社の輸入ワイン その3

  
(16) Pagos de Familia Marques de Grinon Marques de Grinon Caliza 2010(3000) @スコルニ
 (パゴス・デ・ファミリア・マルケス・デ・グリニョン マルケス・デ グリニョン・カリーサ)
スパイシーさ、甲殻類、塩などの香りがあり、少しおとなしい。口に含むと透き通った果実と酸がピカッと光る。果実の苦味があるもののすっきりした味わい。価格相応の香りと味わい。

 
ここで本日のワインリストにあったスコルニさん輸入の残り1本に、同じくスコルニさんのスペインワイン2本を追加。

  
(17) Pagos de Familia Marques de Grinon Marques de Grinon  Svmma Varietalis 2008(4800) @スコルニ
 (パゴス・デ・ファミリア・マルケス・デ・グリニョン マルケス・デ・グリニョン スンマ・バリエタリス)
濃い香り。香りに鯨肉のニュアンスがある。味わいは強く、濃い。タンニンは豊富だがイガイガしない。

  
(-) Abadengo Crianza 2010(1700) @スコルニ
 (アバデンゴ クリアンサ)
おもしろい香り。エレガントな個性がある。味わいはすっきりしている。

  
(-) Abadengo Roble 2011(2480) @スコルニ
 (アバデンゴ ローブレ)
コーヒー、葉巻、リッチな香り。

  
(9) Vincent Dureuil Janthial Bourgogne Aligote 2012(2500) @ラシーヌ
 (ヴァンサン・デュロイユ・ジャンティアル ブルゴーニュ・アリゴテ)
アリゴテではないレベルのよい香り。グリーン系があり、やや酸などに尖りがあるところはアリゴテらしさ。お菓子のラムネがふわっと膨らむ香り。味わいは近代的なテクニカル造りを感じさせる点があり、甘さがやや強調される。シャープさもあり、シャトー・フィイッセのような雰囲気も感じられる。価格相応。

  
(-) Jayer-Gilles Bourgogne Aligote 2011(2800) @エスプリデュヴァン
 (ジャイエ・ジル ブルゴーニュ・アリゴテ)
素直な香りと味わい。香りにはおしろいなどがあり、味わいは角が取れてやさしく素直でふんわりしている。3000円程度の感覚。(9)とのアリゴテ比較で追加された1本。状態は両方ともよく、造りがこちらの方が好み。

その4に続く

0 件のコメント: