2014年4月13日日曜日

Domaine Jacque Selosse Lieux-dits Ambonnay Le Bout du Clos(ドメーヌ・ジャック・セロス リュー・ディ アンボネイ ル・ブー・デュ・クロ)

  
  
  
グラスに注ぐとリンゴを含んだいい香りが華やかに広がる。赤みも入るシャンパンゴールドで、クリアではなく深みを示す曇りもある。小さい泡はゆっくりと沸々を沸いてくる。深みのあるリンゴの香り、熟したリンゴとリンゴの蜜、フレッシュなリンゴ、焼きリンゴなど様々なリンゴの要素と、赤白黄色の色々な花や柑橘系と瓜系の果実の深みのある香りが混じっている。中実で鼻先
5cmぐらいのところに温かくほわんとした香りの要素が雲のように浮いている。
 口に含むと、細かい泡が舌から少し浮くようにのり、鼻からはコクのある要素が抜ける。リンゴの風味とリキュールのような
濃い要素、栗の実と焼いた栗の皮の要素などが味わいと香りで膨らむ。ふぁーっと広がったあとに顔全体に集まり温かみを与え、そこから体の軸に対して脳天から胴体まで全身にエネルギーが伝わる。ブランデーのような余韻もあり、爽やかさと奥深さが両立している。

やはり深みとフレッシュさを併せ持ち、それらは分離せずに一体感とすべてつながりと、偏りの分布がない空間が特徴。華やかさや世界観はジャック・セロスらしく、おいしい。アンボネイはブラン・ド・ノワールで、同じリューディのブラン・ド・ノワールであるマレイユが東向き斜面に対して、表土が厚い粘土が多い緩やかな斜面。そのためかエネルギーや力強さがある。このボトルのデゴルジュマン(瓶として完成する澱抜き作業)は2012年4月17日。

Domaine Jacque Selosse (ドメーヌ・ジャック・セロス)
59 Rue de Cramant, 51190 Avize, France +33 3 26 57 70 06

銘柄 Lieux-dits Ambonnay Le Bout du Clos(リュー・ディ アンボネイ ル・ブー・デュ・クロ)
購入 フランス

0 件のコメント: