2014年2月10日月曜日

サドヤ ドライスパークリング ※2013年末新発売

  
  

テイスティングノート
抜栓したコルクからサイダーの香り。グラスに注ぐと色合いはとても薄いグリーンで泡は中位のものがポツポツと立ち昇る。サイダーのような甘さと爽やかさのある香りで少しヒンヤリした感じもある。口に含むと舌と上顎を刺激しながら泡が膨らむ。サイダー香が鼻に抜け、舌ですっきりしているかと思うと少し重みと果実の果皮にある苦味がとろりとある。その後には重みのある苦味が続く。

評価
年末のクリスマスに合わせて発売されたスパークリング(1575)。今までロゼはあったが白を要望する声が多いため新たにチリ産のソーヴィニョン・ブランにサドヤ農場産のセミヨンをブレンドして作られたそうです。後半の苦味は残念ながら熱劣化で感じるもので、サドヤさんの通常ワインとワイナリー訪問で購入したことを考えると、ブレンド前のチリ産ワインに熱が入っているのでしょうか。それがないと安くてさっぱりしているので食事に良さそう。

サドヤ ドライスパークリング(1575)
山梨県甲府市北口3-3-24 055-251-3671 10:00-18:00

0 件のコメント: