2010年7月24日土曜日

八ヶ岳ブルワリー工場見学&試飲

ブルワリー 八ヶ岳ブルワリー工場見学&試飲 @山梨・清里 萌木の村内 ロック店内併設


八ヶ岳地ビール タッチダウンを地ビールレストランのロックへ飲みにいくだけではつまらないので
八ヶ岳ブルワリーの工場見学をお願いしました。


店内に銅で意匠されたこの釜は実際に使われていて、左側が麦芽中のでんぷんを糖化する釜。
糖化した右側が溶液を濾過するのが右の釜。

地下に降りると、ちょうど銅の釜の下にタンクがある。これで煮沸して、もう一方のタンクで不要な
ものを取り除く。中2階っぽく見えるところが、銅の釜の中身。

貯蔵タンクへ。衛生管理のために靴をビニールでカバーする。
前の工程まででは香りと味ともに粗く、「若ビール」と呼ばれる。貯蔵タンクで0℃以下まで冷やしつつ、
24-28日間熟成させる。
※右写真にあるタンクへのサインはアメリカンフットボールの選手が2mぐらいの目線で書いたとのこと。



貯蔵タンクから直接の試飲。ビールの味がより分かるように、すべて泡で出す。これはピルスナー。
泡は非常にきめ細かく、香りは弱く、ほんの少しビールの甘味成分の香りがある程度。
口に含んで、びっくり、驚き。なんとも表現できない甘味、メレンゲのような柔らかいふかふかの舌触り。
 この甘味は和洋のスイーツでもなく、果物でもなく、とても自然で甘味と旨みを伴ったもの。
苦味やミネラル、塩味、酸味はない。泡はふっくらとして、メレンゲや非常に細かく泡立てた高級な石鹸
のような、触れると吸い付くような感じ。舌には泡と認識させず、甘味と旨みだけを伝えてくる。


もう一種類。デュンケル。同じように貯蔵タンクから直接泡にしていただく。
こちらは牛乳が多い、コーヒー牛乳を思わせる色。泡は同じような舌触りが心地よく、味わいは
コクがあり、泡であっても中域からやや低域の重心で旨みが出てくる。
※写真中と右はロックの左側を登っていくとある、妖精が棲む家や滝見の丘。

評価
感動! この甘味、舌触りはすばらしい。経験したことがない組み合わせ。
この味わいは、併設するレストラン・ロックでも出せず、貯蔵タンクから直に泡を出したときだけとの
ことで、すごく楽しい体験をさせていただきました。ありがとうございました。

八ヶ岳ブルワリー
山梨県北杜市高根町清里3545 萌木の村内 ロック店内併設 0551-48-2521 要予約

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

早速行かれましたか。
 工場で試飲とはうらやましい限りです。
 肝心のプレミアムロックはいかがでしたか?

食の旅人 さんのコメント...

麦とホップ」でロックボックを推薦していただいた方ですね。
早速、行ってみました。ありがとうございます。
プレミアム・ロックボックはこちらに書きましたが、ワインの1erクラスにあるような世界観を持つすばらしいビールでした。ブルワリーではありませんが、海外の現地で飲んできたビールと比べても、一番おいしと思います。
そういう世界観とは別次元の感動が貯蔵タンクの直だしにあるので、ブルワリーへ訪問はお勧めです。