2015年12月26日土曜日

Champagne Fleury Père et Fils Millesime 2002 Extra-Brut (フルーリー・ペール・エ・フィス ミレジム 2002 エクストラ・ブリュット)


2014年11月入荷時の試飲と比べて、まだまだあばれていた2015年5月、まとまってきた2015年10月と飲んできたが、やっと本来の一体感と安定した熟成風味が出てきた。焼き栗や熟成したりんごなどが一体感を持った香りを落ち着きを保ちながら放つ。味わいも同様にカカオやショコラが主体で熟したりんごが少し後ろにいる風味で一体感ある。グラス違いではフルートだと黒い要素が香りと味わいで目立ち、凝縮した印象を受け、シャルドネグラスだと開放した印象になる。


カジュアルなワインは輸送を含めて環境が変わってから1週間程度で落ち着き、品質が高いワインは本来の力を出すまで1ヶ月ぐらいかかる印象を持っているが、この熟成したワインには約1年を要した。求めているところも繊細な要素や調和なので仕方がないのかもしれない。なお、輸入元であるラシーヌさんのラベルは楕円タイプです。(購入:平野弥、輸入:ラシーヌ)

Champagne Fleury Père et Fils
43 grande rue 10250 Courteron +33 3 25 38 20 28 champagne@champagne-fleury.fr

0 件のコメント: