2014年7月26日土曜日

Champagne Laherte Frère Champagne Brut N.V.(ラエルト・フレール ブリュット・トラディション)

   
  

抜栓するとコルクの状態がよく、グラスに注ぐと青りんごの爽やかな香りが広がる。色合いは薄いゴールドで、泡は中央できれいに立ち昇る。リンゴの蜜、紅玉の皮の部分、甘さ成分がないマカダミアナッツなどが香る。また、生クリームにチョコを混ぜたような甘い香りもある。泡は舌でピチピチと刺激し、元気よく泡が膨らみ、蜜のいい香りが鼻腔に抜ける。ミネラルが口奥へと進み、それに少し遅れて果実の甘味がやわらかく追従する。舌奥側面には果皮の苦味が出てくる。(購入:松澤屋(4094))

最近はよい状態だったインポータさんのワインが変わり、飲めるワインが減ってきてしまった。そのため、色々探していたところ、松澤屋さんではフランスの泡はすべて自社輸入とのこと。いくつか注文した中に慣れ親しんだラエルト・フレールを入れてお試し。エチケットは以前のタイプ。同じエチケットの2012年コメントと比較しても遜色ない。次のワインが楽しみ。

Champagne Laherte Frère(ラエルト・フレール)
3, rue des Jardins 51530 CHAVOT +33 03 26 54 32 09

0 件のコメント: