2014年5月20日火曜日

ベルギービール ルシファーとローデンバッハ・グランクリュ

  
ベルギービールの2種類、ルシファーとレッドビールのローデンバッハ・グランクリュ。

  
Het Anker Lucifer(ヘット・アンケル ルシファー)(615/333ml)
きめ細かい泡立ち。イースト香が華やかに香る。落ち着きがあり、ほんわかとしたおいしそうな果物の香り。口に刺激は少なく、ゆっくりと泡が膨らみ、鼻には安定感のある香りが抜ける。味わいは中央がゆっくりと沈み込み、それとは反対にチューリップ状に上方へとファーっと膨らむ。ホップと穀物の風味が柔らかく鼻に抜ける。香りが心地よく、飲みやすくておいしい。
裏書:アルコール度数が高く(8%)、ホップの美味しい後味が特徴の黄金ビールです。 3種のホップ(マグナム、スパルト、サーツ)を醸造過程で使用し、長くドライな後味を演出します。※ホップに書かれているサーツはザーツ(Saaz)?

  
Rodenbach Grand Cru(ローデンバッハ・グランクリュ)()
醤油、たまり醤油、卵かけご飯のように卵に醤油を垂らしたときの香り。鼻筋にくる高いトーンの香りが卵っぽい。口には泡の刺激なく、酸味があり、鼻腔にはコクが抜ける。口内中央で酸味がピカっと光、旨味と共に上顎辺りに味わいがへばりつくように留まる。戻り香は醤油とショコラが混じった感じ。ワインに近く、シェリーっぽさもある。この独特さがローデンバッハらしい。
裏書:伝統製法により、オーク樽で2年以上も熟成させて造られるレッド・ビールの上級品。 酸味のあるフルーティーで爽やかな味わいと独特なコクのある風味が特徴。

購入 小西ビール(626)@大丸東京店 第85回 世界の酒とチーズフェスティバル(2014年春)

0 件のコメント: