2013年12月28日土曜日

Alfred Gratien Brut Nature(アルフレッド・グラシアン ブリュット・ナチュール)

生産 Champagne Alfred Gratien(アルフレッド・グラシアン)
銘柄 Brut Nature(ブリュット・ナチュール)
購入 ドメーヌ

  
  

テイスティングノート
コルクを開けると抜栓したコルクからもいい香り。グラスに注ぐときれいな泡が透明感あるシャンパンゴールドの液体の中を縦横無尽に駆け巡り、表面でパチパチを音を奏でる。泡が沢山出てきれい。クリーミーさもあるシャンパンのいい香り。リンゴのフレッシュさと少し熟した香りがつなぎ目なく繋がっていてリンゴの芯にある香り成分にミネラルが加わり、凛とした香りになっている。さらに周囲にはクレームドブリュレのような卵やクリームの甘さを感じさせる香りを纏うが甘ったるくはなく、中心軸がしっかりしているので洗練されている香りになっている。口に含むと泡は静かで舌にはやさしく、鼻にはリンゴのいい香りがやさしく香る。リンゴの旨味が中心で栗の実の甘味が加わり、そこから上方に柑橘果実が劇場の幕が上がるようにサーっと昇る。口内の余韻は栗の実が主体で旨味が残る。味わいが口奥へ伸びていくのではなく、蒸発していくような感覚は新しい。

評価
ノンドサージュらしく変な甘味はなく、とても素直で豊かな味わい。それでいてビオのようなぼんやりしたところはなくグラシアンらしい都会的。おいしい。
昨年訪問時にはなく、今回入手してきた新しい銘柄。シャルドネ41%、ピノノワール32%、ピノ・ムニエ27%のアッサンブラージュで、シャルドネはMesnil、Avize、Chouilly、Vertus、Cramant、ピノ・ノワールはLudesとBouzy、ピノ・ムニエはLeuvrignyとDamery、Reuil-sur-Marneの畑のもの。間違えでなければ、2008年ヴィンテージの単一ワイン樽(ピエス)をアッサンブラージュしたもの。グラシアンのホームページにはまだ掲載されてない。

Champagne Alfred Gratien(アルフレッド・グラシアン)
30, rue Maurice Cerveaux B.P. 3 51201 EPERNAY Cedex,France +33 03 26 54 38 20

0 件のコメント: